リーガエスパニョーラを知ろう!

試合、現地ニュースなど中心にお伝えしていきます。

〜全日程終了〜

こんばんは。 リーガエスパニョーラも全日程終了!

最後まで優勝チームがわからなかった今期のリーガ。

とても楽しめたことは間違いないシーズンでしたね。

 

では、順位表に参りましょう〜! ホームとアウエーでの戦績もあります!

 

順位

チーム名

勝点

勝数

引分数

負数

 

 

(38節)

(H&A)

(H&A)

(H&A)

1

レアル・マドリッド

93

29

6

3

 

※ホーム、アウエーでの戦績詳細

 

(H14 A15)

(H 4 A 2)

(H 1 A 2)

2

FCバルセロナ

90

28

6

4

 

 

 

(H15 A13)

(H 3 A 3)

(H 1 A 3)

3

アトレティコ・マドリッド

78

23

9

6

 

 

 

(H14 A 9)

(H 2 A 7)

(H 3 A 3)

4

セビージャFC

72

21

9

8

 

 

 

(H14 A 7)

(H 4 A 5)

(H 1 A 7)

5

ビジャレアル

67

19

10

9

 

 

 

(H11 A 8)

(H 4 A 6)

(H 4 A 5)

6

レアル・ソシエダ

64

19

7

12

 

 

 

(H10 A 9)

(H 5 A 2)

(H 4 A 8)

7

アスレティック・ビルバオ

63

19

6

13

 

 

 

(H13 A 6)

(H 4 A 2)

(H 2 A11)

8

RCDエスパニョール

56

15

11

12

 

 

 

(H 8 A 7)

(H 5 A 6)

(H 6 A6)

9

アラベス

55

14

13

11

 

 

 

(H 7 A 7)

(H 8 A 5)

(H 4 A 7)

10

エイバル

54

15

9

14

 

 

 

(H10 A 5)

(H 3 A 6)

(H 6 A 8)

11

マラガCF

46

12

10

16

 

 

 

(H10 A2)

(H 2 A 8)

(H 7 A 9)

12

バレンシアCF

46

13

7

18

 

 

 

(H 8 A 5)

(H 4 A 3)

(H 7 A11)

13

セルタ・デ・ビーゴ

45

13

6

19

 

 

 

(H 9 A 4)

(H 2 A 4)

(H 8 A11)

14

ラス・パルマス

39

10

9

19

 

 

 

(H 9 A 1)

(H 6 A 3)

(H 4 A15)

15

レアル・ベティス

39

10

9

19

 

 

 

(H 6 A 4)

(H 7 A 2)

(H 6 A13)

16

デポルティーボ・ラ・コルーニャ

36

8

12

18

 

 

 

(H 7 A 1)

(H 5 A 7)

(H 5 A13)

17

レガネス

35

8

11

19

 

 

 

(H 5 A 3)

(H 6 A 5)

(H 8 A11)

18

スポルティング・ヒホン

31

7

10

21

 

 

 

(H 5 A 2)

(H 4 A 6)

(H10 A11)

19

オサスナ

22

4

10

24

 

 

 

(H 2 A 2)

(H 7 A 3)

(H10 A14)

20

グラナダCF

20

4

8

26

 

 

 

(H 4 A 0)

(H 4 A 4)

(H11 A15)

 

今シーズンの優勝は、アウエーで強かったマドリーでした。

ジダン率いるマドリーは、ターンオーバーでBBC抜きでも圧勝できる

圧倒的チーム力を持っていました。

戦力としては、イスコ、カゼミーロ、モラタ、バスケス、ナチョ、アセンシオ、

コバッチッチなど昨シーズンより圧倒的な活躍をした選手が目立ち、

その一方でハメスやベイルといった選手は昨シーズンより目立てませんでした。

今シーズンのマドリーの強さは、何よりロナウドが休養を取り

大切な試合にパーフェクトなコンディションで臨めたことではないかと思います。

チャンピオンズ決勝が残っているマドリー、連覇なるのか。如何に・・・

 

 

 

一方バルセロナは、圧倒的な攻撃陣をもち、総得点も116点とマドリーを10点も上回りつつも、2位フィニッシュ。今シーズンは、取りこぼしが多かった印象です。

パリ戦の大逆転劇が印象的な今シーズンですが、MSNが今シーズンは堅守チーム相手に

崩しきれない試合が多かったです。

それに加え、アウベスの抜けた穴はやはり大きく右サイドからの失点が増え

中盤で補強したアンドレゴメスやアルダはさっぱり。

唯一ウムティティがCBのレギュラーとして活躍するのみ。

シーズン前の最高のスカッドと言っていたエンリケ監督に感想を聞きたいですね。

それでもコパデルレイのタイトルは獲得し、3連覇達成。

来シーズンに向けて中盤の補強が必須なバルセロナ

来シーズンはやってくれるのでしょうか。

 

アトレティコはスタートで躓き、CL圏外の順位にいることもしばし。

前半戦のセビージャの調子を考えるとストレートインは難しいと思われたものの

終わってみれば安定の3位。

ビセンテカルデロンが今シーズンいっぱいでの取り壊しが決定しており

何かしらのタイトルが欲しかったところ。

戦力面では、ガメイロ、がイタンが思うほどフィットせず。

グリーズマンの活躍は良好。サウール、カラスコの大舞台での強さは相変わらず。

オブラクは、とてつもないレベルのキーパーへ成長。ブルゴスおそろし。

しかし、終盤の右サイドバックの2人ともの離脱が痛すぎた。

チームの平均年齢が上昇しているので、フィリペ、ガビの替えが欲しいところ。

来シーズンを戦うのに不可欠なシメオネは、来シーズンもアトレティに賑わいを与えてくれる模様。補強は、CASの裁定待ちだが、ビトーロ、ラカゼットの噂がある。

 

前半戦全好調で、3強の戦いに終止符を打つかと思いきや後半失速。

なんとか4位で持ちこたえたという印象のサンパオリ率いたセビージャ。

シーズン開幕戦の打ち合いの中、清武がゴールを決めたのは鳥肌級。

しかし、シティーから黒船来航かのようにすごい男がやってきた。

その名はサミル・ナスリ。清武とガンソはベンチに追いやられる。

この男と巨人。エンゾンジの活躍にて、前半戦は、2位で折り返し。

バスケスやサラビア、エスクデロなども好調で、マドリーに今シーズン初黒星を与えたチームは本物だった。

しかし、CLなどの戦いもあり、2月に疲れから失速。

CL16ラウンドでは、レスターに敗退。ナスリは挑発にのり退場する始末。

EL番長だったセビージャが今シーズンは4位フィニッシュ。

よって、CL予選出場権獲得。ELに出られる可能性もあるが、ぜひCLで。

 

悲報なのが、モンチがローマへの異動。サンパオリが退任濃厚。

そして、ナスリやエンゾンジ、ビトーロ、ビエットやクラビネッテルは移籍の噂。

今シーズンは、戦力不足で失速しただけに、来シーズンはどれだけ戦力維持できるか

それにかかっています。監督は、どうなるのでしょうか。

来シーズンも注目のチームです。

 

 

 

 

 

CL準決勝結果

 

始まりましたね! 

   CL準決勝ファーストレグ

  レアル・マドリード 対 アトレティコマドリード

 

 

バルセロナ、パリ、マンC、ナポリが敗退。

青がファーストユニフォームに入っているチームは残っていない結果になりましたね。

 

クリスティアーノハットトリックなどで勝ち上がってきたマドリー

 

堅守を持ち味に勝ち上がってきたアトレティコ

 

では、結果に参りましょ〜!!

 

レアル・マドリードBBCの1人ベイルを欠いて挑むマドリードダービー

ベイルが出ない方が結果が出ると騒がれているこの頃のマドリーは、今日もベイル不在の中結果を出してしまうのか。

アトレティコ・マドリードは、右サイドバックをこなせる選手が全員負傷中。

また、カラスコも肩の怪我がどれほど癒えているのかわからない状態。レアル・マドリードに比べて怪我人が多くフルメンバーで挑めない一戦。

フルメンバーが復帰するであろうカルデロンに可能性を残せる1stにできるか。

 

今期3回目のマドリードダービーに注目です。

 

[ レアル・マドリード ] (ホーム)

f:id:tokushio222222:20170504225831p:plain

欠場 ベイル(怪我) ぺぺ(怪我) 

 

[ アトレティコ・マドリード ] (アウェー)

f:id:tokushio222222:20170504225826p:plain

欠場 フアンフラン(怪我)ヴルサリコ(怪我)ヒメネス(怪我)アウグスト(怪我)

 

 レアル・マドリード ー アトレティコ・マドリード

     3     ー      0

得点 前半 10分 クリスティアーノ・ロナウド

   後半 28分 クリスティアーノ・ロナウド

   後半 41分 クリスティアーノ・ロナウド

 

 

試合評 

サイドバックのレギュラークラスが存在せず、攻撃も噛み合わなかったアトレティコ

一方、チャンスというチャンスを全て決めてしまうロナウド。対照的な両チーム。

カラスコも怪我明けでコンディションは不良。グリーズマンも攻撃の起点となれず

左サイドからの攻撃も封じられる。一方マドリーもカルバハルが前半で怪我での交代。

しかし、交代で入ったナチョが攻守ともにいい働きをします。一方交代で入ったガメイロが決定機をナバスにセーブされるなど、ピリッとしない。 アトレティコとマドリーのベンチメンバーの差が出てしまった試合でした。

 

2nd aggregate score 3-0

3点差を逆転すること以外決勝に進出できないアトレティコ

3点リードを持ち決勝にかなり近づいたマドリー。対照的な両チーム。

アトレティコは、右サイドバックの2人が間に合わず。

一方マドリーは、怪我でカルバハルとベイルが欠場

アトレティコは、ビセンテカルデロンで最後のマドリーダービー

今年のリーガのダービーでは0ー3で負けているだけに、最後のカルデロンでのマドリーダービーを勝ちで終わらせ決勝に進出できるか。

 

スタメンから

「 ホ ー ム 」アトレティコ・マドリード

f:id:tokushio222222:20170513141527p:plain

欠場者 フアンフラン ヴルサリコ アウグスト・フェルナンデス

「 ア ウ ェ ー 」 レアル・マドリード

f:id:tokushio222222:20170513141531p:plain

欠場者 ベイル カルバハル

 

得点 アトレティコ ー レアル・マドリード

       2    ー   1

前半 12分 サウル・ニゲス        前半 42分 イスコ 

前半 16分 グリーズマン(PK)

 

 

試合評 アトレティコは、スコアをひっくり返せる勢いでのスタート 

サウールのヘディングが決まり早々に先制。逆転への期待がかかるゴールだった。

そして前半20分までに2得点をあげ、前半半分はアトレティコペース。しかし時間が進むにつれマドリーペースに。 そして、42分 ロナウドスローインからベンゼマが左サイドで3人のディフェンダーに囲まれつつもダブルダッチで抜き去りペナルティー内侵入。クロースにマイナスのパスをだす。オブラクセーブもこぼれ球にイスコが反応。

これでアトレティコの決勝進出には3点が必要に。サビッチは切れるコースを切りきれず、ディフェンダー3人が抜かれるお粗末な結果に。ベンゼマがうまかったとも言えます。その後試合は退場者こそ出さないものの大荒れに。このまま試合終了。

 

合計スコア  A 2−4 R 

レアル・マドリード 2年連続決勝進出・・・

 

6月3日 3時45分から カーディフ ミレニアムスタジアムにて

 

決勝 ユベントス 対 レアル・マドリード

 

が行われます。バルセロナを無失点に抑えるほどの堅守を誇るユーベ。

圧倒的破壊力のマドリー。

マドリーが史上初の2連覇を達成するのか。

21年ぶりのユベントスが栄冠を掴むのか。

待ち遠しいゲームが控えています。 それまで、リーグ戦の行方に注目ですね。

 

 

 

 

テレビでサッカーを見よう2

 

テレビでサッカーを見よう!

 

さて、前の記事で紹介したオンデマンドサービスに契約しましたでしょうか?

 

それでは、テレビで見る方法の説明です。

 

準備すべきもの

①      PC or スマホ

②      HDMIケーブル

 

これくらい安価なケーブルで構いません。長さはお好みで。

長めのケーブルがおすすめ!  とにかく何かしらケーブルは必須です。

③      各種変換ケーブル

この変換ケーブルにお金を払うことの妥協はやめてください。

使えない可能性が有ります。(特にiphoneユーザーの場合)

 

iphoneユーザーの場合

HDMI変換ケーブル(純正)+HDMIケーブル

 

Macbook airユーザーの場合 

HDMIケーブル+thunderbolt変換ケーブル

 

③普通のPC Macbook proユーザーの場合

HDMIケーブル

 

 ④Androidユーザーの場合

HDMI変換ケーブル+HDMIケーブル

(一体化されているものもある)

Macbookユーザー

USB-C用HDMI変換ケーブル+HDMIケーブル

 

 

Amazon Fire TVやapple TVといった方法で接続する方法もあるが、

失敗がなく線につなぐだけで手軽な方法である

有線での接続方法を紹介させてもらいました。 

 

記録が生まれた伝統の一戦 〜エル・クラシコ〜

世界中が注目する一戦クラシコ

 

リーガエスパニョーラ第33節 

レアル・マドリード 対 FCバルセロナ

通算対戦成績 93勝 49分 91勝

世界が注目するビッグクラブの対決

今シーズン1回目のクラシコは1−1の引き分け

 

今回のクラシコはどうなったでしょうか。!?

 

クラシコ通算ゴール

メッシ21ゴール(1位) ロナウド16ゴール(3位)

通算ゴール数を今回のクラシコでも伸ばすのか!?

 

スタメン

[ ホ ー ム ] レアル・マドリード

          f:id:tokushio222222:20170426045758p:plainf:id:tokushio222222:20170426045804p:plain

欠場            ヴァラン、ぺぺ(怪我)

 

[ ア ウ ェ ー ] FCバルセロナ

          f:id:tokushio222222:20170426045807p:plainf:id:tokushio222222:20170426045814p:plain

欠場        ネイマール(停止処分)ビダル ラフィーニャ(怪我)

 

今回のメッシはキレキレ。

試合を振り返ります。

 

選 手 交 代

「 レアル・マドリード 」

前半38分         ベイル  → アセンシオ

後半25分        カゼミーロ → コバチッチ

後半36分         ベンゼマ → ハメス

 

「 バルセロナ 」

後半25分 パコ・アルカセル → アンドレ・ゴメス

 

「 前 半 」

10分 左サイドから中央のスアレスにパスそのボールを左足で強烈なシュートを放つも外れす。

12分 カゼミーロがカウンターを仕掛けたメッシを倒しイエローカード

19分 ロナウドが左サイドから仕掛け巻き気味のシュートを放つもキーパーがキャッチ

28分 マルセロのクロスにラモスが折り返し溢れてきたところにはカゼミーロ

   今回のクラシコはマドリーが先制。1−0

32分 先制したのもつかの間。エリア内右にいたラキティッチから中央メッシにパス

メッシがカルバハルを交わしシュート。ナバスの右脇を抜けゴール! 1−1

36分 モドリッチがエリア外中央から左足でミドルシュート。キーパーセーブ

38分 ベイルが負傷

45分 メッシにカゼミーロがまたもファール

   しかし、2枚目のイエローカードは出ず。 

47分 CKからメッシがフリーもミートできず外れ前半終了

 

[ 後 半 ]

1分 ベンゼマが右サイドを抜け出しクロスもピケがクリア

3分 クロースの左足でのシュート。キーパーがセーブ

6分 マルセロが抜け出し、ベンゼマがエリア内キーパーと近距離。そこでシュートを放つもシュテーゲンがセーブ

13分 コーナーからピケがドンピシャで合わせるもナバスがセーブ

21分 アセンシオがドリブルでセンターからエリア内まで侵入し最後はフリーのロナウドへ。 しかしこの決定機をゴール上に外してしまう。

26分 アセンシオが抜け出しキーパーのニアにシュートを放つもセーブされる。

27分 ペナルティーエリア右から右足のシュートフェイントから切り返し左足でシュート! これがゴール左隅に突き刺さりバルサ勝ち越し! 1−2

32分 メッシがカウンターを仕掛ける前にラモスがスパイクの裏を見せスライディング

   危険なプレーのためもちろん一発レッド。これでクラシコ5回目の退場

40分 10人で劣勢だったマドリーだが、追いつきます。マルセロの折り返しにゴール前から左に飛び出したハメスがボールに触りゴールに流し込みます! 2−2

46分 このまま試合終了かと思いきや、自陣ゴールエリア右からセルジロベルトがマドリーのエリア前までドリブル。そしてアンドレゴメスにパスをだし、ゴメスがためてアルバにパス。そのパスを受けたアルバがマイナスのパスで中央へ。そのパスを受けたのはメッシ! ボールを受けたメッシがシュート!これが左隅に決まりゴーーーーール!

スアレスがナチョをブロックしていたためコースができゴールイン。

メッシのバルセロナ通算500ゴールが決まり試合終了。

ラストプレーで勝ち越したバルセロナは優勝争いに望みを残しました。

 

 

MOM

リオネル・メッシ

2ゴールを獲得。バルセロナ通算500点目をクラシコで決める活躍でした。

今回のメッシはユベントス戦とは違いキレキレでした。

センターサークルからのドリブルが目立ち、昔のメッシに戻ったかのような躍動っぷり

 

 

次節 34節

レアル・マドリード デポルティーボ(A)

  バルセロナ   オサスナ   (H)  

 

CLEL抽選結果

 

こんばんは。

 

バルセロナの敗退により、少しCLから遠ざかった気持ちからバルセロナ戦についてかけていませんが・・・・

 

まずはCLのベスト8のおさらい!

 

(左側が勝ち上がりチーム)

アトレティコ (2) ー (1) レスター

グリーズマンのPKとサウルのヘッドでの2得点。レスターはカルデロンでの0が響く。

レアルマドリー(6) ー (3)バイエルン

ロナウドの5ゴールの活躍 PK失敗は痛かったバイエルン。2戦目は判定が左右。

ユベントス  (3) ー (0) バルセロナ

ディバラの2ゴールの活躍。MSNは機能せず カンプノウで0点。

モナコ    (6) ー (3) ドルトムント

ンパッペの3ゴールの活躍 爆破事件ゆえに受けた影響は計り知れないドル。

 

ベスト4進出チームは・・・

スペイン2つ イタリア1つ フランス1つ

 

3年連続決勝マドリードダービーが実現する可能性はあるのでしょうか???

 

それでは、抽選結果を・・・ (左がホーム)

 

CL抽選結果

 

5/3 

レアルマドリード 対 アトレティコマドリー

 

5/4 

ASモナコ 対 ユベントス

 

5/10 

ユベントス 対 ASモナコ

 

5/11 

アトレティコマドリード 対 レアルマドリード

 

マドリードダービーは準決勝で実現!

モナコユベントスは攻のモナコ。守のユベントス。どちらが勝つのか!?

 

ビセンテカルデロンアトレティコホーム)でのマドリードダービーは、

もう永久に行われないものである。そう思われていた中の抽選結果。

アトレティは新スタジアム移転の前に

ホーム0−3の雪辱を果たす機会が舞い込んできました。

アトレティコは、CL2回決勝でマドリーに破れているだけに、ここで叩きたいところ。

 

そしてモナコユベントス

ユベントスは、2015年の決勝以来の準決勝進出。

ブッフォンにCLのタイトルを是が非でも取らせねばとの意気込み。

22年ぶりのCLタイトル奪還に今年こそはと燃えています。

 

モナコは、今大会躍進してるとても若いチーム。

FWンパッペは10代でのCLノックアラウンドゴール記録をどこまで伸ばせるか。

13年ぶりの決勝進出と初のタイトル獲得を狙います。

FWファルカオの復活がリーガサポーターならば嬉しいところですよね!

 

CL決勝は6月3日 ウェールズ ミレニアムスタジアム

ここの舞台で戦える2チームはどのチームでしょうね!

 

 

お次はヨーロッパリーグ。!

まずは、ベスト8のおさらいから

セルタ   (ESP) 4 対 3 ゲング(BEL)

ホームで3点獲得し、アウエーで引き分けたセルタが勝ち上がり。

ユナイテッド(ENG)3 対 2 アンデルレヒト(BEL)

延長後半ラッシュフォードのゴールで勝ち抜け。イブラが2ndで長期離脱の怪我を負う

リヨン   (FRA) 3 (7) 対 3 (6) ベシクタシュ(TUR)

1stは、試合開始が遅れるトラブルも。ホームで逆転勝ちのリヨンの勢いが少し勝る。

アヤックス (NLD) 4 対 3 シャルケ (GER)

延長後半で2点獲得したアヤックスが勝ち抜け。シャルケはホームで3点とるも敗退

 

※ リヨン対ベシクタシュPK戦の結果も表示

 

ELの抽選結果

 

5/4 (1:45 キックオフ)

    アヤックス 対 リヨン

5/5

    セルタ 対 ユナイテッド

5/12

     リヨン  対 アヤックス

   ユナイテッド 対 セルタ

 

アヤックス 対 リヨンの1stは試合開始時間に注意!

CLの前に見ることができますね。ぜひELも面白いので注目!

次世代の選手が眠ってるかもしれません。

 

 

ユナイテッドは、イブラ、ロホが長期離脱。

イブラは復帰に8ヶ月ほど要するみたい。

現役引退するのではとも囁かれるほどの大怪我をおった。

今期リーグ戦にてCL圏外のユナイテッド。

来期のELは出場権は獲得しているがモウは、CL権の獲得に向けELをメインに戦う。

ユナイテッドの優勝のキーマンはルーニーになるだろうと予想。

 

セルタは、リーグ戦は現在10位と残留は確定だが、ELは厳しい様子。

狙うべきものはELしかないので、ELをメインとして戦っている。

タイトル獲得のキーマンは、ゴール量産中FWイアゴアスパスだろう。

彼のフィニッシュの精度次第でユナイテッドに勝てるかも決まるだろう。

 

リヨンのラガゼットは売り出し中のFW。

アトレティコドルトムントなどCLで活躍するクラブから注目されている逸材。

モナコのCLでの躍進に続けるのだろうか。

間違いなく実力を持ち合わせているチームであることは間違いない。

 

CLプレーオフ敗退ながらもELでここまで勝ち上がったアヤックス

ホームで2得点あげている10番クラーセンの活躍が鍵を握る。

逆転での勝ち上がりにチームは好調なのかもしれない。

5大リーグ以外のチームで残るチームはここのみ。頑張って欲しい。

 

決勝 5/25 ストックホルムスウェーデン) 

イブラヒモビッチは地元開催の決勝に出場できないのはとても辛いだろう・・・

 

 

レスター対アトレティコ CLベスト8

   ベスト8 セカンドレグ

  レスター 対 アトレティコ

   (0)  ー  (1)

今日はベスト8セカンドレグの1日目。マドリー勢の結果は如何に?

 

ファーストレグの結果は、アトレティコがPK1点とって終了。

レスターは、枠内シュート0に終わるほど封じ込められていました。

アトレティコのボール支配率が64%と、珍しいことが起きました。

レスターは、岡崎を前半で諦めキングを投入。

悪くなかっただけに、今日のベンチスタートは予想外でした。

 

今シーズン 両チーム最多失点の試合

レスター CLグループリーグ 対ポルト戦(A) 5-0 

アトレティコ リーガ12節 レアル・マドリード戦(H) 0-3

 

[ ホーム ] レスター

f:id:tokushio222222:20170419054625p:plain

欠場者 レスター   フート(累積)f:id:tokushio222222:20170419054717p:plain

 アトレティコ ウルサリコ(怪我)チェルチ(召集外)ティアゴ(召集外)

 

 

1stとは変わってレスターは、モーガンが復帰。

アトレティコは、ヒメネスが起用されています。

アトレティコは、グリーズマンの1トップが予想されます。

今日はベンチにガメイロが控えています。起用はあるのでしょうか。

 

選手交代

 

「 レスター 」

後半1分岡崎→ウジョア

後半1分 ベナルアン→チルウェル

後半38分 モーガン→アマーティー

 

「 アトレティコ 」

後半9分 フアンフラン→リュカ

後半24分 カラスコトーレス

後半29分 フィリペルイス→コレア

 

 

  レスター 対 アトレティコ 

 得点    1  −  1

    後半 16分 ヴァーディー      前半 26分 サウール

  合計スコア  1  −  2

アトレティコマドリードが勝ち上がりベスト4進出!

 

「 前  半  」

 21分  バーディーの折り返しに岡崎が渡りシュートもゴール上に外れます

 24分 マフレズがFKもキーパーオブラクがキャッチ

 26分 アトレティコが先制

左サイドのフィリペからのクロスに合わせたのはサウル

サウルがヘディングでシュマイケルの守るゴールの左隅に流し込みます。0-1

 31分 サウルがシュートもこれはゴール正面

 33分 マフレズがペナルティーエリア内でシュートを放ちますがキーパキャッチ

 39分 カラスコがドリブルでペナルティー内でゴール間近まで運ぶもシュマイケルが防ぎます

前半終了。 両チームの攻防が半分半分くらいのペースでした。

 

「 後 半 」

後半開始に投入されたチルウェルが試合の展開を変えることとなります。

 4分 グリーズマンがカウンターからカラスコへパスもこれは合わず

 9分 フランフランが負傷 ここからチルウェルのサイド突破が光ります。

 16分 レスターが同点に追いつきます。

チルウェルのシュートがDFにあたりこぼれ球に反応したヴァーディがシュート。これがゴール右隅に決まり、試合は振り出しに。 1 - 1

 23分 バーディーの落としにエンディディがシュートも左に外れます

 30分 マフレズがFKもこれは惜しくもゴール左上に

 38分 モーガンがスライディングの際に腿を伸ばし、負傷交代

 42分 コレアがフリーで左サイドからミドルを狙うも、シュマイケルがキャッチ

 

このままスコアは動かず試合終了。 

 

後半は、フアンフランの交代からチルウェルのサイド突破が目立ちレスターがクロスをたくさん放り込む展開。

セビージャが飲まれたように、スタジアムの雰囲気は最高潮に。

しかし、難所をたくさん乗り切っているアトレティコ

後半1点こそ返されましたがシャットアウト。

フィリペルイスを下げて3バックの策がいき、レスターはそれ以降あまり攻撃できず。シメオネの戦術勝ちと言える引き分けでしょう。

 

 

これでアトレティコはベスト4入りは4年で3回目

 

今年こそは、CL優勝を狙えると期待したいところですね。

今年の決勝はウェールズです。

次の対戦相手は、マドリー、バルサユベントスモナコドルトムント

このどこかです。

 

アトレティコとしては、ここでマドリーと試合をしたいところではないでしょうか。

 

ここから必要な選手のガメイロが復帰しました。

今年のアトレティコは、この選手によって一味違うチームになりましたから

今年の6月3日はアトレティコがタイトルを獲得する可能性も十分かもしれませんね。

 

次節

 

アトレティコ   リーガエスパニョーラ33節 エスパニョール( A )

 

サッカーをテレビで見よう!

 

サッカーをテレビで見よう!

 

 

ということで、サッカーをテレビで見ようというわけですが・・・

スカパーやWOWOWを契約するわけではありません。

ただし(欧州CLを見たい場合は絶対スカパー契約してください)

 

最近 オンデマンドでサッカー4大リーグが見れるようになりましたね。

リーガなんて2部まで見れちゃいますよ。

 

まずは、オンデマンドサービスを提供している各社で見れるものを解説します。

 

① スポナビライブ

sports.mb.softbank.jp

 

値段 ソフトバンクユーザー ヤフープレミアム会員  980円 

   その他のユーザー 1480円

 

1契約で4台まで見れます。プレミアリーグ中継は2台まで。

 

見れるリーグ リーガ(全ての試合) 

       プレミアリーグ

 

その他のスポーツ 野球(広島・巨人の本拠地開催試合以外)

大相撲、テニス、MLBなど。

 

映像の滑らかさ ほとんど止まらない ストレスは感じません

 

画質設定は自分で調節できる。 フルHD 高画質 標準 低画質 の4種類

 

フルHDはかなり綺麗です。

 

 

② DAZN(ダ・ゾーン)

www.dazn.com

ダゾーンはイギリスの会社 パフォームの日本法人です。

値段   ドコモユーザー    980円

  それ以外のユーザー   1750円

 

※ 無料登録期間が1ヶ月有

 

見れるリーグ リーガ(5試合)

セグンダ(日本人出場試合)

セリエA 

ブンデスリーガ 

リーグアン 

ベルギープロリーグ 

FAカップ 

ポカール(ドイツ)

コパデルレイ 

フランスリーグ杯 

ブンデスリーガ2部 

チャンピオンシップ(英2部)

スコットランドプレミアリーグ 

Aリーグ(オーストラリア)

アルゼンチンリーグ 

W杯予選(アジア地区を除く) 

ベルギーカップ

明治安田生命J1.J2.J3リーグ

 

見れない試合はプレミアリーグとリーガの注目チーム以外の試合です。

これだけ見れるとどれ見るか迷いますよね・・・

イギリスの会社なので、プレミアリーグも放映権は獲得すると見られています。

 

他のスポーツ 野球(広島、横浜の本拠地開催試合のみ)MLB F1 テニス 

       総合格闘技 バスケットボール バレーボール アメフト 

       ボクシング ダーツ ゴルフ ラグビーなど

 

とにかくスポーツ中継が多彩なのがダゾーンの特徴です。

 

映像の滑らかさ 止まりやすい 画質が選択できないため低画質になる時も

 

今年始まったばかりのサービスなので仕方ないのかもしれませんけど

お金払っているんでね・・・と言いたいところですよね

 

③ スカパーサッカーオンデマンド

vod.skyperfectv.co.jp

 

 

値段 2980円

 

見れるリーグ 欧州CL EL セリエA ルヴァンカップ 天皇杯

 

映像の滑らかさ  良好。問題なしです。

 

欧州CL ELを日本国内で見れるのはここだけ。

 

ここを契約せずにCLやELを見ている人はほとんど違法視聴者です。

違法視聴は、日本にてサッカーを配信する会社を潰してしまう可能性があります。

また、放映権を侵害しているため絶対に視聴することはやめましょう。

大好きなサッカーが見れなくなってしまい、クラブの収益にも繋がることです。

 

 

以上欧州サッカーを楽しめるオンデマンドサービスでした。